婚約指輪、どんなデザインがいい?

デザイン、石に個性の光るものを選ぼう

婚約指輪は、毎日はめ続けている結婚指輪と違い、婚約期間が終わった後は、親戚友人の結婚式やパーティ、記念日など、特別なシーンで使うことが多いです。その分、デザイン性やブランドにこだわりたいと思っている女性も多いものです。 婚約指輪といえば、石が入っているものが一般的ですよね。定番で一番人気は、やはりなんといってもダイヤモンドです。白い輝きが永遠の愛の象徴として有名なダイヤモンドですが、最近ではイエローダイヤやピンクダイヤなどのカラーダイヤモンドにも注目が集まっています。また、ダイヤモンドではなく、ご自分の誕生石で婚約指輪を作る方も増えています。誕生石は、その人に幸運をもたらすパワーストーンとしての効果があるので、婚約指輪に向いているものとして注目を集めています。特別な日のための指輪ですから、固定観念にとらわれず、自分の個性を生かした婚約指輪を見つけるのも楽しい結婚生活への第一歩となるでしょう。

重ね付けデザインで、もっと婚約指輪が活躍出来ます!

婚約期間が終わった後は、婚約指輪はしまいっぱなし…。そんな話をよく耳にします。それではとても勿体ないですよね。そこで、最近注目を集めているのが、結婚指輪と重ね付け出来るデザインの婚約指輪です。二つの指輪を重ねて付けることで、双方の良さを引き立てることが出来ますし、婚約指輪を活用出来るようになると人気を集めています。また、結婚式など正装する場では、本来婚約指輪と結婚指輪を重ねて付けるのが正しいマナーとも言われています。 重ね付けをするなら、二つの指輪のデザインや色味が全く違うものでは違和感が生まれます。重ね付けのセットリングとして販売されているものや、同じブランドの同じシリーズで揃えて購入しましょう。

結婚指輪の質の良しあしを見極めるうえで、ゴールドやプラチナなどの素材の特徴や、デザインの決め方に着目をすることが良いでしょう。