意外と知らない!婚約指輪を付けるタイミング

受け取って直ぐはダメ?

基本的に婚約指輪を着けるタイミングは婚約期間内であれば「いつでも」問題なくルールもありません。 受け取って直ぐに身に着けたい女性が多く、周囲に「結婚します」と報告する前から身に着けても大丈夫です。但し職場等公の場で身に着ける時は上司や目上の人に一言「結婚します」と伝えておいた方が良いでしょう。指輪をしている事に気付いた後の結婚報告はお互いに気まずいケースがあるので、出来れば周囲に婚約したと伝えてから指輪を着けます。 また婚約指輪のデザインが職場の仕事内容や服装に合わない可能性もありますので、大きな鏡で全身チェックした際に婚約指輪が浮いていないか確認すると良いです。嬉しい気持ちは判りますが周囲に変な空気が流れない様に気遣います。

正式な結納後がベストタイミング

最もベストタイミングは「いつ」なのか?の質問には「結納後が良い」の答えがマナー的に正しいかもしれません。 由緒ある家に嫁ぐケースだけでなく、結納前に婚約指輪を身に着ける習慣がない地域もありますので注意します。正式に結納を交わす事で誰もが認める婚約期間に入りますので、プロポーズされた段階では正式な婚約期間とは言えません。結納の際に婚約指輪を渡す儀式を行う可能性があるので、結納前に身に着けていると「アレ?」となります。結婚した後でもセットリング等身に着けられる婚約指輪もありますので、プロポーズする前に彼女の希望をチェックしておくと良いです。またサプライズプロポーズが苦手な方はプロポーズ後、結納前に一緒に選ぶ方法もあります。

婚約指輪を横浜で購入しようと考えているならば、店舗の数がたくさんありますので最適です。希望の価格やデザインを明確にすれば、理想的な婚約指輪が見つかりやすくなります。