何が決め手!?彼が婚約指輪を買おうと思う瞬間

結婚を意識し始めたら自分からアプローチ

結婚を意識しているけれど、なかなか彼氏がプロポーズをしてくれない時は自分からアプローチしてみてはいかがでしょうか。 例えば「友人が結婚することになった」、結婚情報誌を見て「この指輪可愛い」など自然に結婚と言うワードを出せば彼も何かしら気付くのではないでしょうか。女性はいつまでも可愛くいたいですし、彼氏に可愛がられたい本能を持っています。ストレートに言わず、さりげなく結婚をちらつかせることがキーポイントです。それでも分かってくれなそうな男性には素直に「いつも一緒にいたい」と逆プロポーズをするのもおすすめです。二人でお揃いの指輪は愛の証です。結婚という人生の一大イベントへの階段を駆け上がるチャンスですよ。

同じ時間を共有してきた二人だからこそ

お互いに愛情を持った二人だからこそ、同じ時間を永遠に分かち合いたいと思った時に結婚指輪を買おうと思うのではないのでしょうか。 悲しい時は悲しみを共有することで半分にし、嬉しい時は嬉しさを分かち合い倍にすることでお互いの心を成長させていきます。ゆっくりと長い期間、一緒に居ることで日常生活に華を咲かせた時、幸せだと感じるはずです。特別なことをしているわけではなく、過ごしてきた時間、「この人が居なきゃダメだ」と思わせることが大切だと思います。お互いが惹かれ合ったのだから結婚しても必ず明るい家庭を築けるはずです。結婚というライフステージは多くの人に幸せを運んできてくれます。そのためには自分自身も努力しなくてはいけませんね。